CMS
Scroll down
Scroll down

分子シミュレーションによる
高性能・機能材料の創出へ

Computational
Materials
Science

News

お知らせ

  • 2022.06.28

    お知らせ

    ホームページリニューアルのお知らせ

ようこそ、
計算材料科学研究室へ

計算機技術の発達に伴い、計算機上で仮想的な実験を行うシミュレーション研究が注目を集めています。当研究室では、原子・分子の振る舞いをコンピュータ上で計算・解析するための新しい理論を開発しています。また、分子シミュレーションによるミクロスケールでの化学・物理現象の解明を通し、触媒化学、材料科学、生体関連科学など幅広い領域に対する応用研究に取り組み、高性能材料の開発や新規機能材料の創出を目指しています。

Research

研究紹介

基礎から応用に至る幅広い諸問題を「分子シミュレーション」で解決する。

01

不均一場における
高精度計算手法の
開発と応用

不均一場における高精度計算手法の開発と応用
02

重水素に関連した
計算手法の
開発と応用

重水素に関連した計算手法の開発と応用
03

モデルベース
研究に基づく
材料開発

モデルベース研究に基づく材料開発
04

産学連携による
研究開発

産学連携による>研究開発

01

不均一場における
高精度計算手法の
開発と応用

不均一かつ大規模系に対する高精度計算を実現するために平面波局在基底ハイブリッド電子状態計算手法(CPLB法)を開発しています。

02

重水素に関連した
計算手法の
開発と応用

重水素化物質を正しく理解するために、non-Born-Oppenheimer型の電子状態計算手法の高精度・大規模計算を可能とする理論の開発・実装に取り組んでいます。

03

モデルベース
研究に基づく
材料開発

材料の機能・性質といった本質的・基礎的理解を徹底的に推進するための材料モデルベース研究(材料MBR)という新たな材料開発アプローチを提案しています。

04

産学連携による
研究開発

産業界との連携による課題解決型の基礎研究にも積極的に取り組んでいます。

基礎から応用に至る幅広い諸問題を「分子シミュレーション」で解決する。

About us

わたしたちについて

  • Members
    Members
  • Publications
    Publications
  • Presentations
    Presentations
  • For Students
    For Students